甲賀市観光ガイド

水口歴史民俗資料館

近江鉄道水口城南駅近くにあり、曳山の館とも呼ばれています。水口曳山祭には欠かせない二層露天式人形飾屋台の構造を持つ曳山をはじめ、古墳時代の出土品や中世の古文書、焼物、細工物など水口の歴史や文化の特色を感じさせる民具や資料が保存展示され、郷土の歴史や文化についての知識や理解を深めることができます。
「第1展示室」は水口祭と曳山で、実際に巡行する二層露天式人形飾屋台の構造をもった豪華な「曳山」が展示されています。流れているお囃子は「水口囃子」でその勇壮闊達なリズムは全国的にも人気が高まっています。
「第2展示室」は歴史コーナーで古墳時代の出土品や、水口藩、宿場町、城下町水口等の関係資料が展示されています。
「第3展示室」は甲賀水口の暮らしで、当時の生活様式を伝える民具や、水口の代表的な工芸品である籐細工、八田焼などを展示しています
「巌谷一六・小波記念室」は水口とかかわりの深い書家、明治の三筆で知られる「巌谷一六」(1834〜1905)と、その子で、わが国児童文学の創始者であり、日本のアンデルセンと称えられる「巌谷小波」(1870〜1933)父子の足跡を紹介しています。「一六」の墨蹟や遺品。「小波」の作品やお得意の俳画などを展示するほか、児童絵本や映像コーナーで、楽しみながら二人の仕事に触れることができます。水口の歩みをうかがい知ることのできる資料館です

入館料は水口城資料館との共通割引券ですと、大人200円、小中学生100円です。


甲賀市水口町水口5638 / 0748-62-7141 / 10:00〜17:00 / 大人150円、小中学生80円 記念館は無料です。 / 休館は木曜日、金曜日、12月29日〜1月3日 / 新名神 甲賀土山ICから15分/新名神 甲南ICから15分/JR草津線 貴生川駅より近江鉄道に乗り換え水口城南駅下車東側すぐ  / 駐車場有(普通車30台、あいこうか市民ホール東駐車場) /